>>【ポケカ買取金額15%アップ】詳細はこちら!

ポケカ初心者向けのおすすめ汎用カードを完全網羅!【2021年最新版】

ポケカ汎用

ポケカ初心者向けにおすすめの汎用カードをまとめています

「スタートデッキを購入したものの、どのように改造すれば良いのか分からない」という人は非常に多いです。

本記事で紹介しているポケカは優先的に入手しておきたい、どんなデッキにも採用される可能性の高いカードたちばかり。

これらのカードを入手しておけば、デッキのクオリティは間違いなく上がりますよ!

 

ポケカのおすすめ汎用カード【ポケモン】

ポケカのおすすめ汎用カードの中から「ポケモン」に分類されるカードをまとめています。

 

デデンネGX

デデンネGX

特性「デデチェンジ」により、ベンチに出すと手札を全てトラッシュして山札から6枚引けるポケモンカード。

ポケモンの持つ特性の中でも突出した強力なドローソースとなっており、さまざまなデッキに採用される汎用カードです。

メリット ・強力なドローソース
・手札を全てトラッシュするため、トラッシュを肥やすことができる
デメリット ・最大HPが低く、倒されるとサイドを2枚取られる危険性
・手札に残しておきたいカードもトラッシュしてしまう

 

 

クロバットV

クロバットV

特性「ナイトアセット」により、ベンチに出すと手札が6枚になるように山札から引けるポケモンカード。

強力なドローソースであり、「ムゲンダイナVMAX」のような悪タイプしか入れないデッキを中心に採用されている汎用カードです。

メリット ・強力なドローソース
・手札のキーカードをキープしつつドローできる
デメリット ・使用時の手札枚数が多ければ、ドロー枚数が少なくなる

 

 

ミュウ

ミュウ

特性「ベンチバリア」により、場にいる限り自分のベンチポケモン全員は相手のワザのダメージを受けなくなるポケモンカード。

「れんげきウーラオス」のようなベンチポケモンに直接ダメージを与えてくるデッキの登場により、一気にデッキに採用するプレイヤーが多くなりました。

この1枚をデッキに入れておくだけで、れんげきデッキの強力なメタカードとなりますね。

メリット ・「霧の水晶」や「レベルボール」で簡単にサーチができる
デメリット ・「ダメカンを乗せる」ワザの効果は防げない

 

 

マーシャドー

マーシャドー

特性「リセットホール」により、ベンチにいるときに場に出ているスタジアムをトラッシュできるポケモンカード。

スタジアムには「無人発電所」や「頂への雪道」のような強力なカードが存在しているため、それらのスタジアムを簡単にトラッシュさせられる汎用カードです。

メリット ・「霧の水晶」や「レベルボール」で簡単にサーチができる
・特性使用時にトラッシュされるため、倒されてサイドを取られる心配がない
デメリット ・バトル場では特性が使えない

 

 

ジメレオン&インテレオン

ジメレオン

特性「うらこうさく」により、手札から出して進化したとき山札からトレーナーズを1枚サーチできるポケモンカード。

メッソンのワザ「どんどんよぶ」でメッソンをベンチに並べ、ジメレオンに進化させることでトレーナーズをサーチするというのが王道の流れです。

 

インテレオンインテレオン

さらに、ジメレオンは「うらこうさく」や「クイックシューター」の特性を持つ「インテレオン」に進化できます。

特性「うらこうさく」は、手札から出して進化したとき山札からトレーナーズ2枚をサーチ

特性「クイックシューター」は、毎ターン相手ポケモン1匹にダメカンを2個乗せることができます。

デッキタイプに合わせて、どちらのインテレオンに進化させるか選択できるのも強みですね。

メリット ・「頂への雪道」に影響されない
デメリット ・デッキの枠を多く割く

 

インテレオン(うらこうさく)

 

フィオネ

フィオネ

特性「ひきよせのうず」により、相手のバトルポケモンをベンチポケモンと入れ替えることができるポケモンカード。

バトル場に出すポケモンは相手が選択することになりますが、相手ベンチポケモンが1匹のみの場合は実質「ボスの指令」と同等の効果を持ちます。

特性使用後は山札の下に戻るため、サーチカードで繰り返し使用することができますよ。

メリット ・「レベルボール」や「キャプチャーエネルギー」などで簡単にサーチ可能
・特性使用後はデッキに戻るため、倒される心配が少なく繰り返し使用できる
デメリット ・バトル場に出させるポケモンは選べない

 

 

ギラティナ

ギラティナ

特性「じげんのかぎづめ」により、手札からベンチに出したとき相手バトルポケモンに付いている特殊エネルギーを1枚トラッシュできるポケモンカード。

特殊エネルギーが強力な環境なため、一時期には値段が高騰した汎用カードです。

メリット ・ボール系グッズカードでサーチ可能
デメリット ・相手のバトルポケモンに付いている特殊エネルギーしかトラッシュできない

 

 

ポケカのおすすめ汎用カード【グッズ】

ポケカのおすすめ汎用カードの中から「グッズ」に分類されるカードをまとめています。

 

クイックボール

クイックボール

自分の手札を1枚トラッシュすることで、山札からたねポケモン1枚をサーチできるグッズカード。

ほとんどのデッキで4枚必須とされるほど、極めて汎用性の高いおすすめカードです。

メリット ・好きなたねポケモンを手札に加えられる
デメリット ・手札を1枚トラッシュしなければ使えない

 

 

しんかのおこう

しんかのおこう

山札から進化ポケモン1枚をサーチできるグッズカード。

進化ラインが豊富なデッキでは重宝される汎用カードです。

メリット ・好きな進化ポケモンを手札に加えられる
デメリット ・たねポケモンはサーチできない

 

 

ポケモン通信

ポケモン通信

自分の手札のポケモンカード1枚を山札に戻すことで、山札のポケモンカード1枚をサーチできるグッズカード。

たねポケモンや進化ポケモン問わず、好きなポケモンカードを1枚サーチできる汎用的なグッズカードです。

メリット ・好きなポケモンを手札に加えられる
デメリット ・手札にポケモンカードがないと使用できない
・手札のポケモンカードを山札に戻さなければならない

 

 

レベルボール

レベルボール

山札からHPが90以下のポケモン1枚をサーチできるグッズカード。

ノーコストでポケモンをサーチできるカードの中では非常に使いやすく、汎用性の高いカードです。

特性が優秀なシステムポケモンをノーコストでサーチできるのが非常に強力。

先述した「ミュウ」「マーシャドー」「メッソン&ジメレオン」「フィオネ」もサーチ可能ですよ。

メリット ・システムポケモンをサーチ可能
デメリット ・HP90以下のポケモンしかサーチできない

 

 

ポケモンいれかえ

ポケモンいれかえ

自分のバトルポケモンをベンチポケモンと入れ替えられるグッズカード。

  • バトルポケモンの状態異常を回復させる
  • 逃げるために必要なエネルギーが多いポケモンを逃がす
  • バトル場でしか使用できない「特性」を使用する

など、さまざまな場面で活躍が見込める汎用カードです。

ルール上では「にげる」は1ターンに1回のみですが、「ポケモンいれかえ」はにげるカウントに含まれないので複数回バトルポケモンを逃がすことも可能になりますよ。

メリット ・逃げるために必要なエネルギーを消費しなくて良い
・逃げるカウントには含まれない
デメリット

 

 

あなぬけのヒモ

あなぬけのヒモ

お互いのプレイヤーはそれぞれ自分のバトルポケモンをベンチポケモンと入れ替えられるグッズカード。

「フィオネ」と「ポケモン入れ替え」の効果を1枚にまとめた強力なカードです。

相手のバトル場に出すポケモンは選べませんが、相手ベンチポケモンが1匹の場合は実質「ボスの指令」と同等の効果を発揮します。

このカードが登場してから、常に「あなぬけのヒモ」を意識したプレイングが必要になるほどの汎用カードですね。

メリット ・自分のバトルポケモンをベンチポケモンと入れ替えられる
・相手のバトルポケモンをベンチポケモンと入れ替えられる
デメリット ・相手のバトル場に出させるポケモンは選べない

 

 

ふうせん

ふうせん

このカードを付けているポケモンは、逃げるためのエネルギーが2個分少なくなるポケモンの道具カード。

ポケモンの道具であるため、繰り返し効果を発揮できる点が優秀ですね。

メリット ・繰り返し効果を発揮できる
デメリット ・逃げエネが3個以上のポケモンには使いづらい

 

 

うねりの扇

うねりの扇

相手の場のポケモンに付いている特殊エネルギー1枚を相手の山札の下に戻せるグッズカード。

特殊エネルギーが強力な環境なため、序盤に使用できれば相手の動きを遅らせることができる強力なカードです。

メリット ・強力な特殊エネルギーを剥がすことで、相手の動きを遅らせられる
デメリット ・基本エネルギーは選べない

 

 

ツールスクラッパー

ツールスクラッパー

お互いの場のポケモンに付いている「ポケモンの道具」を2枚までトラッシュできるグッズカードです。

ポケモンの道具は繰り返し効果を発揮するものが多いため、厄介な道具カードをトラッシュできるのは強力。

このカード1枚で2枚までトラッシュできるのも魅力です。

メリット ・相手の「ポケモンの道具」を2枚までトラッシュできる
デメリット ・即座に効果が発動する道具カードには効果が薄い

 

 

ツールジャマー

ツールジャマー

このカードを付けているポケモンがバトル場にいる限り、相手のバトルポケモンに付いている「ポケモンの道具」の効果を全て無効化できるポケモンの道具カード。

ダメージアップ系などのポケモンの道具もあらかじめ無効化できるのが強力です。

メリット ・あらかじめ相手のポケモンの道具を無効化できる
デメリット ・ツールジャマー自体がトラッシュされると、相手のポケモンの道具は再び効果を発揮する
・ツールジャマーを付けたポケモンがバトル場から離れると、相手のポケモンの道具は再び効果を発揮する

 

 

リセットスタンプ

リセットスタンプ

相手プレイヤーは手札を全て山札に戻し、相手自身のサイドの残り枚数分山札を引かせるグッズカードです。

相手の残りサイド枚数が少なければ少ないほど、相手は手札の枚数が少なくなる強力なハンデス系カード。

このカード1枚で戦況がひっくり返るほどの強さがあり、エクストラルールでは使用禁止カード指定されているほどです。

メリット ・このカード1枚で戦況がひっくり返るハンデス系カード
デメリット ・相手の残りサイド枚数が多いと効果が薄い

 

 

大きなおまもり

大きなおまもり

このカードを付けているポケモンの最大HPは30大きくなるというポケモンの道具カード。

最大HPがたった30だけではあるものの、この増加量のおかげで相手ポケモンからのダメージを耐えきれるかどうかの分かれ目になることも多いです。

メリット ・相手の攻撃を耐えきる可能性が高まる
デメリット ・トラッシュされると効果がなくなる

 

 

ポケカのおすすめ汎用カード【サポート】

ポケカのおすすめ汎用カードの中から「サポート」に分類されるカードをまとめています。

 

博士の研究

博士の研究

自分の手札の全てトラッシュして山札を7枚引けるサポートカード。

強力なドローソースであり、非常に汎用性の高いサポートカードです。

メリット ・ドロー枚数が7枚という強力なドローソース
デメリット ・手札を全てトラッシュする必要がある

 

 

マリィ

マリィ

お互いのプレイヤーはそれぞれ手札を全て山札の下に戻し、自分は5枚、相手は4枚山札を引くサポートカード。

ドローソースでありながら、相手の手札にも干渉できる数少ないカードです。

相手の手札を減らしたりサーチしたカードを山札に戻させたりといったことも可能ですね。

メリット ・ドローしつつ相手の手札にも干渉できる
デメリット ・相手にもドローさせるため、相手の手札が良くなる可能性がある

 

 

ボスの指令

ボスの指令

相手のベンチポケモン1匹を選び、バトルポケモンと入れ替えさせるサポートカード。

ほとんどのデッキで採用されるほど強力な汎用サポートカードです。

ダメカンの乗ったベンチポケモンを倒したり、「デデンネGX」や「クロバットV」といったVポケモンを倒したりしてサイド枚数を稼ぐ目的で使用されます。

このカード1枚によって勝敗が決するケースも非常に多い重要カードとなっています。

メリット ・相手ベンチポケモンをバトル場に引きずり出せる
デメリット

 

 

ポケカのおすすめ汎用カード【スタジアム】

ポケカのおすすめ汎用カードの中から「スタジアム」に分類されるカードをまとめています。

 

混沌のうねり

混沌のうねり

お互いのプレイヤーが手札からスタジアムを出したとき、そのスタジアムをトラッシュさせるスタジアムカード。

このカード1枚で、相手のスタジアムを最大2枚トラッシュできるのが強力です。

スタジアムには、たった1枚でデッキが上手く機能しなくなるほどのメタカードが存在しますので、そういったスタジアムを封じる目的で採用します。

メリット ・相手のスタジアムを封じることができる
デメリット ・自分のスタジアムもトラッシュされる

 

 

頂への雪道

頂への雪道

お互いの場の「ルールを持つポケモン」の特性は全てなくなるスタジアムカード。

特性を使用しながら戦っていくVMAXデッキなどは、このカード1枚で動きが止まるほどの強力なメタカードです。

>>「ルールを持つポケモン」とは?

メリット ・相手ポケモンの特性をなくすことができる
デメリット ・自分のポケモンの特性も使用できなくなる

 

 

トキワの森

トキワの森

お互いのプレイヤーは手札を1枚トラッシュすることで、山札の基本エネルギー1枚をサーチできるスタジアムカード。

メリット ・毎ターン基本エネルギーをサーチできる
デメリット ・相手プレイヤーも使用することができる