>>高く売れるポケカ買取店おすすめ3選

ポケカ環境の最強デッキレシピランキング【2022年/Fレギュ最新版】

ポケカの環境における最強デッキレシピランキングを掲載し、それぞれのデッキ性能を使用率を交えつつ解説

現在の環境で流行っているTier1デッキ候補を徹底考察しています。

注意
レギュレーション(D・E・F)環境での最強デッキランキングです。

大会環境でのデッキ使用率を参考に、ランキング形式で紹介しています。

 

 

ポケカ環境の最強デッキレシピランキング【2022年最新版】

現在のポケカの大会環境におけるデッキ使用率は以下の通りです。

ポケカ環境デッキ

※『アルセウスVSTAR』のデッキ使用率は、あくまでも「アルセウスVSTARを主体としたデッキ」の割合です

 

Tier1デッキ

ミュウVMAX
Tier2デッキ

ガラルファイヤー

アルセウス

れんげきテンタクル

いちげきウーラオス

はくばバドレックス

れんげきウーラオス
Tier3デッキ
ジュラルドン
ジュラルドン

こくばバドレックス

ゲンガー

ムゲンダイナ

イシヘンジン
レックウザVMAX
レックウザ

 

 

ミュウVMAXデッキ

ミュウVMAXデッキ

強い点 ・悪タイプ以外のデッキには安定して戦える
・『ハイパーボール』4枚積み
弱い点 ・「ムゲンダイナVMAXデッキ」が天敵
・「非Vポケモン」主体で戦うデッキに不利
・『頂への雪道』が刺さる

間違いなくFレギュ環境のトップデッキだよね!
使用率&勝率ともに非常に高く、他デッキと比較しても頭一つ抜きん出た強さを誇っています。なので、大会で成績を残すことを考えた場合には、まず『ミュウVMAXデッキ』の存在を意識した構築が求められるでしょう。

 

ハイパーボール』の登場により、爆発的に強化された「ミュウVMAXデッキ」。

従来の『ミュウVMAXデッキ』では、『手札が余ってしまって「フュージョンシステム」が上手く機能しない』『ミュウVMAXが引けない』といった事故が負け筋になることが多かった印象です。

そんな問題点を『ハイパーボール』や『ウッウロボ』で解消できてしまいました。

手札を減らしつつ好きなポケモンをサーチできる『ハイパーボール』を無理なく4枚採用できる時点でその強さがうかがえますね。

悪タイプ以外のデッキにはかなり安定して戦えるポテンシャルを秘めたデッキだと思います。

 

一方で『ムゲンダイナVMAXデッキ』にはかなり辛い戦いを強いられてしまうのが弱点です。

『ウィークガードエネルギー』がレギュ落ちしたことで、「ドレッドエンド」で簡単にワンパンされてしまうようになりました。

ガラルファイヤーV』程度であれば先に『ボスの指令』でバトル場に引きずり出して倒すという戦術が取れますが、『ムゲンダイナVMAX』は耐久値の高さからかなり厄介な相手です。

「ムゲンダイナVMAXデッキ」が環境で流行るようなら『ガラルサンダーV』を入れる構築も必要になってきそうですね。

また、『混沌のうねり』やリセットホール持ちの『マーシャドー』がレギュ落ちしたことで、頂への雪道』がより刺さる環境になっています。

 

フーパファイヤーデッキ

ガラルファイヤーデッキ

強い点 ・「ミュウVMAXデッキ」に有利
・『ガラルマタドガス』の特性「かがくへんかガス」が多くのデッキに刺さりやすい
弱い点 ・「れんげきウーラオスVMAXデッキ」や「サンダースVMAXデッキ」に不利

現環境トップの「ミュウVMAXデッキ」をかなり意識したデッキだね!
『ウィークガードエネルギー』がレギュ落ちしたため、弱点を突ける悪タイプかつ非ルールポケモンで有利な対面になっています。

 

海外で流行っている「フーパガラルファイヤーデッキ」に『ガラルマタドガス』を採用したデッキレシピです。

現環境トップの「ミュウVMAXデッキ」をかなり意識した構築になっていて、悪タイプで弱点を突きつつ非ルールポケモンでサイドレース

にも有利というデッキです。

 

でダメージを刻むことができますし、終盤には『ガラルファイヤー』や『ヤミラミV』で大ダメージを与えることもできるようになっています。

逃げエネが必要ない『カプ・コケコ』をピン刺しで採用することで、『フーパ』の「アサルトゲート」も使用しやすく、序盤に手札が悪い場合には1エネで「ひきつける」によるドローも可能。

「うらこうさくライン」が多い現在の環境では、ガラルマタドガス』の特性「かがくへんかガス」も刺さりますね。

 

対して、「れんげきウーラオスVMAXデッキ」や「サンダースVMAXデッキ」には不利な対面となります。

環境にそれらのデッキが増えるようなら『マナフィ』の採用も検討すべきでしょう。

 

アルセウスVSTAR&スイクンVデッキ

アルセウスVSTAR&スイクンVデッキ

スターバース発売直後ということもあり『アルセウスVSTAR』の使用率は高いね!
さまざまなポケモンと組み合わせやすいということもあり、デッキ構築の幅が一気に広がった1枚ですね!

強い点 ・「スターバース」&「うらこうさく」でのサーチ性能による安定性の高さ
・高いサーチ性能ゆえにデッキカスタマイズの自由度の高さ
・サイドを3枚取られるアタッカーを採用していない
・「トリニティノヴァ」を1回使用できれば後続アタッカーが育つ
弱い点 ・『ガラルマタドガス』の「かがくへんかガス」等の特性無効化

 

「アルセウスVSTAR&スイクンVデッキ」の一番の強みは、安定性の高さ。

「スターバース」や「うらこうさく」によりほとんどのカードをサーチできるため、状況に応じて手札に加えるカードを選択でき、『クロススイッチャー』2枚を無理なく揃えられるのも強力。

その高いサーチ性能の高さから、デッキカスタマイズの自由度も高く、環境に順応しやすいのも魅力です。

 

また、『ダブルターボエネルギーメロン』で『アルセウスVSTAR』が育つうえに、「トリニティノヴァ」を1回使用すれば後続の『アルセウスVSTAR』や「スイクンV」のエネ加速ができる点が強力。

VMAXポケモンを採用していないため、相手にサイドプラン「2-2-2」を押し付けられるのも魅力です。

 

一方で、かなり特性に依存しているため、ガラルマタドガス』の「かがくへんかガス」による特性の無力化に非常に弱い構築になっています。

 

アルセウスVSTAR&ライチュウVデッキ

アルセウスVSTAR&ライチュウVデッキ

強い点 ・サイドを3枚取られるアタッカーを採用していない
・『ライチュウV』の青天井の大ダメージ
弱い点 ・闘タイプに弱点が偏っている

アルセウスVSTAR』のエネ加速を活かして『ライチュウV』で戦うデッキだね!
ライチュウV』の爆発力が強力で、相手のVMAXポケモンも一撃で倒せる可能性を秘めています。

 

アルセウスVSTAR』と『ライチュウV』を組み合わせた、いわゆる「雷アルセウス」と言われるデッキ。

アルセウスVSTAR』のサーチとエネ加速性能を活かして、『ライチュウV』で青天井の大ダメージを与えていけるデッキですね。

相手のポケモンVMAXすらも一撃で倒せるほどの爆発力を秘めている優秀なアタッカーです。

 

カプ・コケコV』の採用は、相手の『アルセウスVSTAR』を意識した採用です。

相手の「トリニティノヴァ」の返しに使用できれば、大ダメージを与えられますからね。

また、基本的にサイドを2枚取られるポケモンがアタッカーとなりますので、『ゼクロム』を1枚採用することで相手にサイドを『2-2-1-2』と取らせる動きも可能になっています。

 

ただ闘タイプに弱点が偏っているため、「れんげきウーラオスVMAXデッキ」や「いちげきウーラオスVMAXデッキ」相手だと厳しい戦いになりそうです。

 

アルセウスVSTAR&ガラルファイヤーデッキ

アルセウスVSTAR&ガラルファイヤーデッキ

強い点 ・悪タイプと組み合わせることで「ミュウVMAXデッキ」に有利
・『チェレンの気くばり』で耐久もできる
弱い点 ・一撃火力の高いデッキには不利

アルセウスVSTAR』と悪タイプを組み合わせたデッキだね!
「ミュウVMAXデッキ」に弱点を突けて、耐久もできる構築です。

 

アルセウスVSTAR』と悪タイプを組み合わせた「アルセウスVSTAR&ガラルファイヤーデッキ」。

「ミュウVMAXデッキ」を意識した構築ですね。

 

このデッキは『エネルギーつけかえ』のシナジーが良く、『ガラルファイヤーV』の特性「じゃえんのつばさ」で付けたエネルギーを『アルセウスVSTAR』に付け替えたり、『チェレンの気くばり』を使用する前に付いているエネルギーを他ポケモンに付け替えたりすることが可能になっています。

チェレンの気くばり』3枚採用でかなり耐久によせた構築にもなっていて、『チェレンの気くばり+アルセウスVSTARループ』で有利な展開を作っていけますね。

 

クロバットV』『ネオラントV』『ワタシラガV』と負け筋になりやすいポケモンを多く採用しているため、『崩れたスタジアム』も3枚採用。

ガラルファイヤー』や『フーパ』もそれぞれピン刺ししているので、相手にサイドを「2-2-1-2」と取らせる動きもできるようになっています。

 

一方で『アルセウスVSTAR』を一撃で倒されてしまうような、高火力を叩き出すデッキには不利な展開になりやすいです。

チェレンの気くばり』が腐りやすくなってしまうのがきついところですね。

 

 

れんげきテンタクルデッキ

れんげきテンタクルデッキ

強い点 ・取られるサイドが1枚
・与ダメージが青天井
・VMAX主体のデッキに有利
弱い点 ・「れんげきウーラオスVMAX」や「サンダースVMAX」に不利

非ルールポケモンで爆発的な火力を叩き出せるのが強い!
シロナの覇気』が登場したことで強化されたデッキです。多くの大会でも好成績を残していますね!

 

シロナの覇気』が登場したことで強化された「れんげきテンタクルデッキ」。

現在多くの大会で好成績を残しているデッキですね。

従来の「れんげきテンタクルデッキ」は『クロバットV』や『オドリドリGX』がドローソースとして採用されていましたが、『シロナの覇気』という強力なドロー系サポートが登場したことで、デッキ内を全て非ルールポケモンのみで構築することが可能になりました。

これにより相手は必ずポケモンを6匹倒さないといけないわけです。

現環境で暴れている「VMAX」を主体としたほとんどのデッキで有利なマッチアップになるのが強いですね。

 

また「れんげきテンタクルデッキ」は手札の枚数=ダメージという構築なため、とにかく手札の枚数を増やすことが重要です。

そのため、強力なハンデス効果を持つ『リセットスタンプ』がスタン落ちしたのも追い風と言えるでしょう。

 

一方で、「れんげきウーラオスVMAXデッキ」や「サンダースVMAXデッキ」に対しては不利対面となります。

一気にサイドを2枚取られる可能性があるため、サイドレースで厳しい戦いを強いられやすいですね。

ですが、「ミュウVMAXデッキ」の存在で「れんげきウーラオスVMAXデッキ」の数が抑制されているので、現在の環境では十分戦えるデッキと言えるでしょう。

上記のデッキレシピでは『チラチーノ』の「やりくり型」を採用していますが、なかには「うらこうさく型」やその両方を採用した「ハイブリッド型」も存在しています。

 

また『みずの塔』ではなく、『ターフスタジアム』と『ポポッコ』を採用しているデッキレシピもあります。

ターフスタジアム』で『ポポッコ』をサーチすることで、毎ターンれんげきカードを1枚手札に持ってくることができるのが強力ですね。

相手からしても毎ターンごとにれんげきカード1枚が加わるため、『ターフスタジアム』を放置しにくくなります。

 

いちげきウーラオスVMAX&ブラッキーデッキ

いちげきウーラオスVMAX&ブラッキーデッキ

強い点 ・一撃火力の高さ
・それぞれの相性補完の良さ
弱い点 ・後攻1ターン目に強い動きができない
・タイプ相性が有利=勝てるというわけではない

闘タイプと悪タイプの相性補完が強いデッキだね!
「ミュウVMAXデッキ」には『ブラッキーVMAX』で、「サンダースVMAXデッキ」には『いちげきウーラオスVMAX』で弱点を突けるのが魅力のデッキです。

 

『いちげきウーラオスVMAX&ブラッキーデッキ』は、一足先にFレギュ環境で暴れ回っている海外のデッキレシピです。

いちげきウーラオスVMAX』の強みは言わずもがな、一撃火力の高さ。

「キョダイイチゲキ」による高火力で相手ポケモンを沈めていけるのが強力ですね。

 

また、アタッカーの相性補完が優れているのも優秀です。

いちげきウーラオスVMAX』の弱点が超タイプなわけですが、その超タイプに対して弱点を突けるのが『ブラッキーVMAX』。

「サンダースVMAXデッキ」や「ムゲンダイナVMAXデッキ」に対しては『いちげきウーラオスVMAX』で、「ミュウVMAXデッキ」に対しては『ブラッキーVMAX』で強く出れるところが魅力です。

 

一方で、後攻1ターン目に強い動きができないのが欠点になります。

いちげきウーラオスV』の「とぎすます」でエネ加速するか『ブラッキーV』の「くろいまなざし」で相手を逃げられなくするかくらいしかできることがないんですよ。

その序盤の動きの弱さを補うために『バトルVIPパス』を4枚採用したデッキ構築も存在します。

 

また、タイプの相性補完は優れていますが、だからと言って完全に有利かと言われればそうとは言い切れません。

「ミュウVMAXデッキ」は序盤から『メロエッタ』で高火力を出してきますし、「サンダースVMAXデッキ」は1ターンに複数枚サイドを取ってきたり『うねりの扇』で妨害してきたりします。

単純なタイプ相性では有利なのですが、相手のデッキの強い動きに対して対応できないことも少なくありません。

 

はくばバドレックスVMAX&スイクンデッキ

はくばバドレックスVMAX&スイクンデッキ

サブアタッカーに『スイクンV』を組み合わせたオーソドックスな「はくばバドレックスVMAXデッキ」だね!
相手の『ザマゼンタV』や『ゲノセクトV』を『スイクンV』で対処できるのが魅力ですね。

強い点 ・環境に鋼タイプが少ないため弱点を突かれにくい
・『頂への雪道』を無理なく採用できる
弱い点 ・やや安定性に欠ける

 

「はくばバドレックスVMAX&スイクンデッキ」の強みは、弱点を突かれにくい点です。

環境に鋼タイプデッキが少ないため、滅多に弱点を突かれることはありません

「ミュウVMAXデッキ」の『ゲノセクトV』に対しては『スイクンV』で対処できるようになっています。

相手の有利不利に左右されないのが魅力ですね。

また、『頂への雪道』にほとんど影響されないため、無理なくデッキに採用できるのも強いところ。

環境デッキに合わせて『頂への雪道』の枚数を増やしても良いかもしれません。

 

一方で、やや安定性に欠けるところが弱点ですね。

どうしても『アルセウスVSTAR』を採用したデッキと比較すると、安定感が気になってしまうんですよね。

特に1ターン目で『エネルギーが手貼りできない』といったような状況に陥りやすい。

従来は初動で遅れたぶんを『フリージオ』でグッズロックしたり『リセットスタンプ』で妨害したりといった方法で取り返すことができましたが、それらがレギュ落ちしてしまったのが大きいです。

もう少しデッキを安定させるなら『クロススイッチャー』を抜いて、『博士の研究』を採用したり『マリィ』の枚数を増やす等の調整をしするのも手でしょう。

 

はくばバドレックスVMAXデッキ

はくばバドレックスVMAXデッキ

強い点 ・弱点の鋼タイプ主体のデッキが環境に少ない
・アタッカーを絞ることでサポート系カードを多めに採用しやすい
弱い点 ・サイドプラン「3-3」と取られるのが負け筋になりやすい
・『ザマゼンタV』が天敵

従来のデッキレシピと違って、「はくばバドレックスVMAX単体のデッキ」だね!
環境に「三神ザシアンデッキ」がいなくなって鋼タイプ主体のデッキの数が減ったからこそ、『はくばバドレックスVMAX』だけでも十分戦える環境になりました!

 

アルセウスVSTAR』や『スイクンV』を採用していない「はくばバドレックスVMAX単体のデッキ」です。

鋼タイプ主体で戦うデッキの数が減ったことで、『はくばバドレックスVMAX』だけでも十分に戦える環境になりましたね。

そのぶんデッキ枠に余裕ができるため、その他のサポート系カードを多めに採用することができるのがこのデッキのメリットです。

クロススイッチャー』もしっかり4枚採用しています。

 

メインアタッカーが『はくばバドレックスVMAX』のみなので、相手にサイドを「3-3」と取られるのが負け筋になりやすいのが弱点。

また『ザマゼンタV』が非常にきつく、このカード1枚で動きが止まってしまうというデメリットもあります。

 

悪軸れんげきウーラオスVMAXデッキ

れんげきウーラオスVMAXデッキ

強い点 ・タイプの相性補完の良さ
・採用率の高い「うらこうさく」ラインを潰せる
弱い点 ・悪軸以外のデッキ構築の場合「ミュウVMAXデッキ」が刺さる
・『マナフィ』の存在がきつい

闘タイプと悪タイプの相性補完を意識した「れんげきウーラオスVMAXデッキ」!
タイプの相性補完に加え、ベンチ狙撃もできる器用なデッキです。

 

「ミュウVMAXデッキ」を対策した「悪軸のれんげきウーラオスVMAXデッキ」です。

先述した「いちげきウーラオスVMAXデッキ」同様に、闘タイプと悪タイプのタイプ相性補完を意識したデッキですね。

「キョダイレンゲキ」や「クイックシューター」でベンチのダメージ調整がしやすいため、『チャーレムV』の「ヨガループ」も成功しやすくなります。

「キョダイレンゲキ」で「うらこうさく」ラインを潰せるというのも強みですね。

 

一方で、ガラルファイヤーV』を採用しないデッキ構築では「ミュウVMAXデッキ」が刺さりまくるのが弱点。

逆を言えば『ミュウVMAX』の存在のせいで、れんげきウーラオスVMAXのデッキ構築の幅が非常に狭まっているんですよね。

特性「なみのヴェール」を持つ『マナフィ』の存在もつらいところです。

 

また、本来は嚙み合わないポケモンを無理やり組み合わせているため、単純なデッキパワーは少し落ちてしまっている印象を受けますね。

タイプ相性の観点から理論上は強そうですが、実際にデッキを回してみるとやや安定しにくいような気がします。

 

 

ジュラルドンVMAXデッキ

ジュラルドンVMAXデッキ

強い点 ・相手のデッキ次第で完封も可能
弱い点 ・ワザの要求エネが多め
・『頂への雪道』が刺さる

耐久しながら戦うデッキで、相手デッキによっては完封もできちゃうね!
特に環境デッキの多くは特殊エネルギーが多く採用されているため、有利に戦うことができます。

 

環境デッキには『フュージョンエネルギー』『いちげきエネルギー』『れんげきエネルギー』『ダブルターボエネルギー』など、特殊エネルギーを多く採用した構築が多く『ジュラルドンVMAX』がめちゃくちゃ刺さります。

さらに、『ザマゼンタV』も採用しているので、ポケモンVMAX主体のデッキは『ザマゼンタV』1枚で完封することも可能な構築になっています。

従来の「ジュラルドンVMAXデッキ」は、特性「メタルトランス」を持つ『ドータクン』や『クロバットV』等も採用されていましたが、バトル場に引きずり出されてサイドを取られるという負け筋が残るのが弱点でした。

そのため、極限までポケモンを絞った構築にすることで、相手に『ジュラルドンVMAX』を押し付けることができるようになっているのが強いですね。

 

一方でワザの要求エネルギーが多いため、序盤の動きが遅いというのが弱点ですね。

特性「メタルトランス」を持つ『ドータクン』を採用していないため、『ジュラルドンVMAX』にエネルギーを1枚ずつ集めていく必要があります。

また、『頂への雪道』で特性を消されるのが非常につらい。

結晶の洞窟』は4枚採用ではありますが、さらに『アスナ』を採用している構築もあります。

頂への雪道』を張られた際に、『ポケギア3.0』で『アスナ』をサーチしてスタジアムをトラッシュするという動きも可能になります。

 

その他、HP回復手段として『ダブルターボエネルギー』と『すごいきずぐすり』を採用しているデッキレシピや『大きなおまもり』で最大HPを増やすデッキレシピなども存在しています。

 

ムゲンダイナVMAXデッキ

ムゲンダイナVMAXデッキ

強い点 ・相手の動きを妨害する手段が豊富
弱い点 ・『崩れたスタジアム』や『頂への雪道』の存在

相手の妨害をかなり意識した「ムゲンダイナVMAXデッキ」!
崩れたスタジアム』の登場で厳しい環境になりそうでしたが、新たな「ムゲンダイナVMAXデッキ」の可能性を秘めたデッキレシピですね!

 

相手への妨害をかなり意識した「ムゲンダイナVMAXデッキ」です。

ガラル鉱山』を4枚採用したうえに、『ガラルマタドガス』や『マリィ』による妨害が凶悪なデッキレシピ。

とにかく相手のやりたいことをさせない妨害型の新しい「ムゲンダイナVMAXデッキ」ですね。

 

相手は『ガラル鉱山』でポケモンを逃がせられなくしたうえで、自身は『ハイド悪エネルギー』や『とりつかい』で自由にポケモンを入れ替えられるような構築ですね。

「かがくへんかガス」で相手の「うらこうさくライン」を潰せるため、『ポケモンいれかえ』やスタジアムをサーチすることも難しく、一度ハマればかなり苦労するコンボだと思います。

さらに『マリィ』でダメ押しの手札干渉もできるのも凶悪です。

 

ただ、『ガラル鉱山』を4枚採用しているとはいえ、やはり崩れたスタジアム』や『頂への雪道』はかなり刺さりますね。

 

レックウザVMAX&アルセウスVSTARデッキ

アルセウスレックウザデッキ

強い点 ・一撃火力の高さ
・『アルセウスVSTAR』が『レックウザVMAX』の燃費の悪さや事故を補っている
弱い点 ・サイドを「2・3・1」や「2・2・2」と取られるのが負け筋になりやすい
・「れんげきウーラオスVMAXデッキ」が天敵

 

「レックウザVMAXデッキ」は一撃火力の高さが持ち味のデッキです。

しかし、『モココが準備できない』『レックウザVMAXを引けない』という事故と隣り合わせのデッキでもありました。

そのレックウザVMAXデッキの欠点を補うのが『アルセウスVSTAR』なわけですね。

  • 「トリニティノヴァ」によるエネ加速
  • 「スターバース」によるサーチ性能

これにより、安定感の増したレックウザVMAXデッキに仕上がっています。

 

一方で、相手にサイドによる勝ち筋が明確になりやすい点が弱点と言えます。

例えば、

などですね。

その他、弱点が闘タイプに偏っているため「れんげきウーラオスVMAXデッキ」が非常に辛い相手です。

モココ』が気絶させられるうえに『アルセウスVSTAR』が弱点なため、一気に不利な状況に追い込まれやすい。

特性「なみのヴェール」を持つ『マナフィ』の採用も要検討です。

 

ポケカの現環境は「ミュウVMAXデッキ」を中心とした3すくみ+α

ポケカ環境デッキ

現在のポケカ環境は「ミュウVMAXをトップとした3すくみ+α」と言えるでしょう。

  • 環境最強の「ミュウVMAXデッキ」
  • 「ミュウVMAXデッキ」を対策したデッキ
  • 「ミュウVMAXデッキ」を対策したデッキを狩れるデッキ

 

今までのポケカ環境を見ても、「ミュウVMAXデッキ」の使用率は異常な高さです。

そのため、現在「ガラルファイヤーデッキ」や「れんげきテンタクルデッキ」などの非ルールポケモン主体のデッキや悪タイプ主体のデッキがどんどん台頭してきています。

今後はそれらのデッキを狩るための「れんげきウーラオスVMAXデッキ」などが増えてきそうですね。

 

その他、

  • 相手のデッキに左右されにくい「はくばバドレックスVMAXデッキ」
  • 柔軟にデッキ構築ができる「アルセウスVMAXデッキ」
  • 環境に多い特殊エネルギーを使用するデッキを対策した「ジュラルドンVMAXデッキ」

なども使用率を伸ばしています。